シェアする

噂のジュエリーアイスは神秘的な美しさ!~スローシャッターという課題。

シェアする

スポンサーリンク

道東十勝をぐるっと撮り歩るいてきました。

まずは松見大橋から撮ってみたよ

今回は道東十勝方面を撮り歩いてきました。
予報では晴れとなっていましたが、三国峠付近はまだ薄曇りで少々ガスが掛かっていました。
最初に撮りたかったのは天空の橋でも知られる『松見大橋』ですが、この天候では、撮りたかったイメージの写真は無理です。
本当は青空にかかる松見大橋、そして樹氷と雲海を期待していましたが、その期待は儚く消え去りました。
何枚か撮ってみましたが、やはり全体的に白っぽくなってしまいました。
こういった状況はどういったセッティングがベストなんだろう?
これからもこういった天候状況での撮影機会が多いはずなので、いろんな状況を想定して撮って行きたいですね。

三国峠

三国峠

空の青さがもっと欲しかった元小屋ダム

三国峠をどんどん下っていくと、次第に空が青くなり始めました。
次に行く元小屋ダムは期待できるかな??

淡い期待はここでも消え去った・・・
すっきりと雲が消えてくれない・・・
峠付近の空は相変わらずのどんよりした曇り空だし、この辺りは雲が取れてきたのでは無く、雲の薄い所まで走ってきたのだという事かな?
という事で待っても状況は変わらないのではと考え、数枚撮るがもう少し空の青さが欲しかった。

元小屋ダム

元小屋ダム

上士幌付近で白樺の防風林を見つけた。

上士幌を走っていると何気に良い景色が目に入り撮影してみた。
山に掛る雲の影も気になるが、それより白過ぎる。
もう少し明るさが控えめでも良かったと反省。
F値を低めに設定しがちだが、今回はスローシャッターで撮ってみたいという課題もあって、どうしても白飛びしている写真が多いなぁ・・・
この後、更にスローシャッターの難しさを痛感する事になるのだが・・・

白樺防風林と東ヌプカウシヌプリ~白雲山

白樺防風林と東ヌプカウシヌプリ~白雲山

十勝川河口周辺はジュエリーアイスでいっぱい!

正午過ぎ、十勝川河口に到着。
この頃には晴天となりました。
この辺りはサケ釣りで何度も訪れた事があるので、なんとなくだが地理感もありすぐに海岸に出れた。
海岸に出れず挫折する人も身近にいたし(笑)

海岸に出て初めてのジュエリーアイスに感動を覚えたが、最近の暖気でどれもが透明感を失っている・・・
更には降雪により、大半が雪を被っているのでした・・・

ここまで来て多少のショックは受けましたが、落ち込んでいる場合ではありません。
比較的状態の良い氷群を探して撮ってみましたが、晴天下ではある程度絞り気味でもギラギラとしてしまい上手くいかない。
更には、波打ち際でのスローシャッターも真っ白になるばかりで一眼レフの難しさを思い知る事となりました。

どうしても波打ち際の躍動感のある写真を撮りたかったので、日が傾いた夕方に賭ける事にしました。

ジュエルアイス

ジュエリーアイス

殆どの氷が暖気でくすんでいました。

先日の暖気で融けかかっている

先日の暖気で融けかかっている

探せば透明感のある氷もありますが、宝石の輝きまでは程遠いです。

断面が美しい

断面が美しい

夕方に出直しましたが・・・

浦幌町での用事を済ませた後、また海岸に着てみました。
正午とは違い、陰影も出てきました。

夕方に再訪

夕方に再訪

ですが、波打ち際でのスローシャッターは上手くいきません。
F値を22まで絞り、ISOは100、動きのある写真にしたいのでシャッタースピードは1秒に設定しましたが真っ白になります。
シャッタースピードが問題のようで、これを解決するにはNDフィルターが必須だという事がわかりました。
今回は身を持て経験した事からNDフィルターの必要性が身にしみてわかりました。
近日購入したいと思います。

スローシャッターは失敗

スローシャッターは失敗

今あるレンズで撮れる写真を!
そう思い、比較的綺麗なジュエリーアイスを探して手に持ち、プログラムオートモードで撮ってみました。
こうして手に取るとちょっとは絵になるのかなと思いましたが、くすんだ氷はくすんだままです。

透明感がある

透明感がある

ならば太陽光にあててみようと思いましたが、夕方の日の光では光量不足でした・・・
正午の眩しい日差しの時に気が付けばもう少し良い写真になったかもしれません。

来年に期待

来年に期待

まとめ

今回のような眩しいぐらいの天候時にスローシャッターを使う場合はNDフィルターが必須だという事が身にしみてわかりました。
結局は納得がいく写真は撮れませんでしたが、こういった場面での対処法に気が付いただけで一歩進んだのではないかと、自身に言い聞かせました(笑)
近日中にNDフィルターを購入して動きのある写真を撮ってみます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする