シェアする

【ニセイカウシュッペ登山】アンギラスも見れた!山頂から見る大雪山の山並みに感動!

シェアする

スポンサーリンク

急斜面の雪渓歩きには要注意のニセイカウシュッペ

想定していなかった急斜面の雪渓に戸惑いながらも登頂してきました
コース概要→08:55 登山口 – 09:40 展望台  – 11:32 ニセイカウシュッペ山頂( 1時間休憩)→ 12:31下山開始 - 13:12 展望台 – 14:11 登山口
所要時間5時間16分

nisekau-20160612-29

ニセカウシュッペ山頂から

早朝はどんよりとした空模様が一転!

6月12日、5:30に目覚め外を眺めると、曇り空・・・ガーン( ゚Д゚)
ダメダコリャと再度眠りにつくzzz…
が、なんだか深く眠れず6:30頃再度外を眺めてみると、なんだか雲が切れうっすらと微妙に青空が見える。。。
なんせ、晴れ意外の日に登山はしない主義ですので(汗)
チンタラと朝食を食べながら再度外を眺めると、これは晴れるぞ!っと確信しすぐさま出発です!

1465878538170

登山ルート

ゲートは施錠されています!事前に確認を!

国道273号線から林道に入り、登山口を目指します。
林道の途中には施錠されたゲートが設けられていますので、事前に鍵番号を聞いておく必要があります。
前日にJ君から聞いた番号で開錠し登山口へGo!
(番号は事前に上川中部森林管理署に電話して聞いてください 0166-61-0207 または 050-3160-6286 )

登山口前の駐車場は10数台駐車できるスペースがあります。
8:55頃、登山台帳に記入し登山開始です。

nisekau-20160612-3

登山口

前半はしっかりと整備された登山道を歩きます。
踏跡はとても明瞭で、迷う事はまずありません。

nisekau-20160612-4

登山道は整備されている

30分程登ったところで雪渓がありました。
意外と長い雪渓を歩き、時折雪庇をよじ登ったりと少々難儀しました。

nisekau-20160612-5

長い雪渓歩き

nisekau-20160612-7

雪庇がすごい

明瞭な稜線歩き!途中で眺望が開けました!

気分よく雪渓を歩いていると突然視界が開け眺望の良い場所にでました。
そこからは本峰ニセイカウシュッペと、左手にゼブラが美しい大雪山の山並みが見れました。

nisekau-20160612-6

本峰が見えた!

nisekau-20160612-9

大雪山の山並みがみえた

山頂が見えてきました!
が、ぐるりと迂回するように登山道が伸びているので距離的にはまだまだありそうです。

nisekau-20160612-12

山頂はまだ遠い

大槍がが見えてきた!
なんとも荒々しい山容ですこと!

nisekau-20160612-13

大槍を望む

小槍も見えました。
さすがにあそこまで歩いていくのは無理ですね。。。
でもあの稜線を歩いたら気持ちよさそう~

nisekau-20160612-14

小槍も見えた

あと2km地点で小休憩。そこで得た情報で思わず腰が引ける

あと2km地点で小休止をとっていると、下山してくるご夫婦と挨拶。
「頂上どうでした~?」と尋ねると、驚愕の答えが!
よく聞くと、途中の急傾斜の雪渓があまりにも危険で引き返してきたと・・・ナント!
予想だにしなかった返答に少々戸惑い、前回の芦別岳頂上直下の急斜面雪渓を思い出していました。

nisekau-20160612-15

あと2キロ

ついに現れた急斜面の雪渓ゾーン!

少々不安を覚えながらも登り続けます。
途中開けた場所で大雪山を眺める。
そしてその急斜面は突然現れた!
あまりの緊張に、その場面の写真はありません(笑)

nisekau-20160612-16

ゼブラが美しい

急傾斜を一歩一歩ゆっくりと確実に歩いていきます。
幸い踏み跡もしっかりと残っていて、雪も柔らかくアイゼンは必要なさそうですが、とにかく急な斜面なのです。
この角度、前回の芦別岳の比じゃない!
なにより距離が長い!
滑ったら間違いなく止まりませんね・・・この角度じゃ。
時折、下を眺めてみると目眩がしそう。
とにかく、下を見ないように確実に歩き抜きました。

足がつりそうな程緊張した長い急傾斜の雪渓歩きでしたが、ようやく抜けて大槍の下あたりまで来ました。

nisekau-20160612-17

大槍をトラバース

nisekau-20160612-18

キレっとしてる

念願のアンギラスと対面!

大槍を抜けるとついにあの光景が!
そうです、あの有名なアンギラスが見えました!
なるほど~誰が命名したのかは知りませんが、確かにコレはアンギラスだ!

nisekau-20160612-20

アンギラスも見れた!

頂上まであと少し!
今登ってきたルートを振り返ればこの景色!
ここから見る大槍がスキです。

nisekau-20160612-23

今来たルートを振り返る

先ほどの急傾斜には数人の登山者の姿が。
帰りの事を考えると怖いな~

nisekau-20160612-24

尾根歩きは楽しい

頂上まであと少しの地点でナッキーの声が聞こえた!
辺りを探ってみるが、姿は見れませんでした。

nisekau-20160612-25

山頂まであと少し

遂にニセイカウシュッペ山頂に到着!

時間にして2時間30分少々で山頂に到着です!
途中、試練な道のりもありましたが、この達成感は登った人にしかわかりません。

nisekau-20160612-26

登頂成功!

飛行機雲と大雪山。
少々雲が掛かってきたようです。

nisekau-20160612-27

大雪山と飛行機雲

登ってきたルートを見る。
アンギラスは山影に隠れています。
今度はアンギラスまで行ってみたい!

nisekau-20160612-28

アンギラスが隠れている

誰もいない頂上は贅沢そのもの!

前回の芦別岳の時もそうでしたが、今回も山頂を独り占めです!
いろんな角度からシャッターを切ります。
今回は登山用に新たに購入した三脚が大いに活躍してくれました。

nisekau-20160612-29

大雪の山並みに見惚れる

暫くして登山者が登ってきたので撮影をやめて昼ごはんを食べました。
山で食べる食事は何を食べてもうまい!

1時間ほど休憩して下山開始です。
下山時もやはりあの雪渓は恐ろしかった~

nisekau-20160612-30

大槍を望む

お花の時期にはまだ早そうでした。

まだ時期的には早そうでしたが、登山道脇には何種類かのお花が咲いていました。
今年は花の写真も沢山撮ってみよう。

nisekau-20160612-31

小花が咲いていた

nisekau-20160612-32

初夏を感じる

雪渓歩きが長いので歩くスピードも気持ち早く、2時間掛からず下山しました。
次回は雪が解けた夏道でアンギラスを目指してみたいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする