シェアする

【旭川】早春の東鷹栖 鬼斗牛山(三角山)を登って来たよ!つぼ足でもOK!

シェアする

スポンサーリンク

眺望も良し!低山だけど魅力ある山です。

鬼斗牛山

鬼斗牛山

最近の旭川は天気も良くて気持ちが良い日が続いています。
3月27日の日曜日、真っ青な空の元、陽気につられて早春の鬼斗牛山へ登ってきました。
お昼頃到着しましたが、先客と思われる車が一台だけでした。

鬼斗牛山は低山

鬼斗牛山は低山

雪解け具合は例年通りか、やや早いぐらいでしょうか?
雪解け水が作る小川がサラサラと小気味良い音を響かせ、春の訪れを知らせてくれていました。

雪解けが進んでいる

雪解けが進んでいる

低山でも最低限の装備は必須!

登るコースにもよりますが、30分~1時間もあれば登頂可能な低山です。
ですが、そこはなにが起こるか分からないのが登山というもの。
最低限の準備はして登ります。

林道沿いに建てられた『後継者の森』の看板を横目に登山口を目指します。

後継者の森

後継者の森

林道脇の白樺林から空を見上げてみました。
まっ青な澄んだ青さがとても気持ちが良いです。

白樺と空

白樺と空

今回は尾根コースから登りました。

急登コース登山口です。
いつの間にか、真新しい標識が作られていました。
きちんと管理されている証拠ですね。
今回は急登コースはスルーして、少し奥の尾根コースから登ります。

急坂コース

急坂コース

歩いて来た林道を振り返ります。
雪も締まっていて、つぼ足で十分登頂可能です。
最後まで一度も踏み抜く事はありませんでした。

林道

林道

林道沿いの第二駐車場まで来ました。
いつも思うのですが、第1駐車場ってどこ?
ここまで来る間、第1駐車場はありませんでしたが・・・・?

第二駐車場

第二駐車場

尾根歩きコースの近くにはキツツキが穴をあけたと思われる樹木がありました。
穴をあける音は聞こえてきますが、実際に穴をあけた跡を見るのは久々です。

キツツキが開けた穴

キツツキが開けた穴

えっさほいさと登ること40分程で頂上が見えてきました。
あともう少しで頂上です!

もうすぐ頂上

もうすぐ頂上

頂上からは旭川を一望できます!

低山だけど、意外と眺望は良いのが魅力の鬼斗牛山です。
久々に体を動かして登った甲斐がありました。

頂上からの景色

頂上からの景色

旭岳

旭岳

天塩岳方面

天塩岳方面

ニセイカウシュッペ

ニセイカウシュッペ

鷹栖方面を見る

鷹栖方面を見る

頂上付近には登頂記録ノートもあるよ

頂上のすぐ横の一段降りた所には登頂記録ノートがあります。
パっと見、なにかのオブジェにも見えますが・・・(笑)

中に記録ノートが入ってるよ

中に記録ノートが入ってるよ

扉を開けると、ビニール袋に入ったノートがあります。
このビニール袋の中に登頂記録ノートがあります。

開けるとこんな感じ

開けるとこんな感じ

早速、今日登った感想を書いてみました。
毎回登られてる方や、初めての方など多数の書き込みがあります。

ノートに記録しました。

ノートに記録しました。

少し休んでから下り始めます。
頂上付近はまだまだ雪深くて両脇が急こう配で落ちたらヤバイぞ。

下りはじめは怖い

下りはじめは怖い

足慣らしには丁度良い低山です。
旭川市内からもアクセスが良いので気軽に登れる山です。
天気が良ければ来週も登ってみます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする