シェアする

一眼レフカメラで道東十勝の景色を撮り歩いてきたよ。大津海岸のジュエリーアイスは?

シェアする

スポンサーリンク

十勝をドライブしながら景色を撮影してきました。

今回は十勝方面に用事があったので、ドライブがてら一眼レフカメラを持って行ってきました。
天気も上々!ドライブには最適な日和で、ハンドルを握る手も軽やかです。
最初に目に飛び込んできたのは、まだ雪深い大雪山の山容。
少し雲がかかっています。実に惜しい。
雲が無ければ尾根伝いに連なる山々が見れたのですが・・・
若干、明るさを落として撮ってみましたが、どうも平面的でスナップ感がぬぐえないです。

赤岳~緑岳方面

赤岳~緑岳方面

途中で見つけたちょっと良い風景

丁度、浦幌町に近づいた頃、牧草地に立つ木々を見つけました。
おぉ!なんだか良い景色だな~っと撮影してみました。
道路沿いで、木の枝や電線を避けての撮影で構図が限られ少々苦戦いたしました。
太陽の位置が良ければ面白い写真になったかもしれません。

ドライブ中に見つけた風景

ドライブ中に見つけた風景

浦幌町で寶龍の味噌ラーメンを頂きました。

途中で寶龍に寄ったよ

途中で寶龍に寄ったよ

詳しいレビューはコチラ!
味噌ラーメンを食べましたが、意外とアッサリ目で美味しかったです。
そして、ラーメンを撮るのって難しい・・・
これは自宅でも練習してみるかな。

寶龍うまい

寶龍うまい

大津海岸のジュエリーアイスは既にシーズンを終えていました。

三週間前に来た時は、ジュエリーアイスで一杯だった海岸ですが、現在は見る影もありません。
先日の大雪と高波、さらには最近の暖気で殆どのジュエリーアイスが透明感を失い、くすんでしまっています。
しかも、今回は波が高い!

大津海岸のジュエリーアイスは終了

大津海岸のジュエリーアイスは終了

少し歩いたところに大きな流木を見つけました。
早速、可変NDフィルターを装着して撮ってみましたが・・・
なかなか難しい・・・

ここがND16かな?と思う所に印をつけていても、クルクル回す内に位置が変わってしまう仕様で、付いてる目盛もまったく役にたたない。
自宅で検証しながら数値を割り出して印を付けていましたが、苦労も水の泡です(涙)
なので、ファインダーを覗きながら濃さをセットし撮るしかないのです。
暗すぎると、こんな感じでムラになり・・・

大津海岸の流木

大津海岸の流木

明るすぎると白飛びしたような絵になってしまいす。
てか、少々シャッタースピードが長すぎたかな?
それでも、RAWで撮っていたので、明るさをかなり落として現像してみたのですが、まだまだ明るすぎたようです。

白すぎか?

白すぎか?

少しのズレでもムラが出てしまう・・・

これもムラが出てしまった。
少しのズレでもダメなようです。

やはりムラが出る

やはりムラが出る

下の写真は被写体がちょっと、アレですがF値14、SS2秒、ISO100で撮りましたが、おそらくND8~16の間だと思います。
SSスピードは3秒以内なら、この可変NDフィルターでも使える範囲だと確信しました。
早く滝と渓流を撮影してみたいですね。

雲の動きのある写真を撮るには、別途ND400も必須だと言うことですね。

ND16

ND16

帯広郊外には撮影ポイントがいっぱい

帯広の郊外に出ると広大な牧草地に並ぶ防風林が数多くあります。
段差のある丘陵地では、思わず撮影したくなる場所がたくさんありました。
日も傾き始め、何枚か撮ってみました。

十勝の平野

十勝の平野

剣岳の山容が幻想的でした!

うっすらと光芒に包まれる剣岳の山容が幻想的でした。
あの剣岳の頂上まで歩いて登ったんだ~と、以前登ったことを思い出し一人思いに耽っていました。
剣岳がもう少し大きく入る場所があれば迫力がある写真になったかもです。
やはり、雲の動きがある写真を撮ってみたいと思いました。
早急にND400フィルターを買わないとね。

剣岳が良い感じ

剣岳が良い感じ

まとめ

前回と今回で可変NDフィルターの可能性をいろいろ探ってみた結果、今回もND400は使い物にならないという結果になりました。
今回は砂浜海岸での撮影もしてみましたが、ND16までならなんとか使い物になりそうですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする